保育士の求人はこう探そう

img-1

新卒や資格を取得したした人そして転職にしろ、一番避けたいのは、働き始めてから失敗したと感じることです。こんなはずじゃなかったと感じることがないように保育士の求人に応募するようにしましょう。


一番最初に目にするのはやはり求人票になります。ただそれだけでわかるほど保育士の仕事は甘くありません。


失敗しない応募をしないためにも、やるべきことをしておきましょう。



まず保育士の求人票だけをあてにしないようにしましょう。



当たり障りのないようなことしか書いていないことも多いです。
そのようなものはあくまでも情報だけになり、その園の魅力などはわかりません。たしかに待遇面を知ることは重要ですが、どんなに条件が良かったとしても、園の方針がきつかったり、雰囲気が悪ければそれだけで失敗したきっかけになってしまいます。
それを避けるために求人票だけで判断しないようにし、まずは園の話を聞くことから始めてください。

説明会などあれば良いですが、転職になると面接しか機会に恵まれません。

そのひとつに機会に集中するようにしてください。



面接官の質問だけに終始するのではなく、必ず質問を受けるような場面もありますので、そのときに必ず尋ねるようにしましょう。その時は突発的に考えるのではなく、事前に準備をしておきましょう。

質問をする機会がないような園に応募しないことも大切です。

待遇面だけで保育士の求人の評価をすると、失敗するもとになります。

関連リンク

img-2
笑顔の保育士さん求人

毎日が笑顔で始まるお仕事の求人です。経験豊富な保育士さんも、新人の保育士の方も安心して働ける職場の求人です。...

more
img-2
保育士求人の探し方について

保育士の資格を持ち、転職や就職を考えている場合は今がそのチャンスかもしれません。特に都市部では、急激に核家族化が進んだことや共働き家庭が増えたことから保育園不足が深刻な状況となっていて、多数の求人が出ており、人手不足のため好条件で就職することができる状況になってきているからです。...

more
top